茶道 裏千家 
  
 いけばな嵯峨御流 
  
 和 敬 庵(わけいあん) 
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
 
筒茶碗 古府焼 光月造
 
【和敬庵検索】
〈茶道具-茶碗〉〈筒茶碗〉〈古府焼〉

文化遺産オンライン 三島筒茶碗 銘 藤袴
文化遺産オンライン 竹の子文志野筒茶碗 歌銘 玉川
文化遺産オンライン 織部筒茶碗 銘 冬枯
茶道具
竹尺八花入
大炉 野溝釜
筒茶碗 小鹿田焼(おんたやき)
茶碗 菖蒲 よし三造
金輪寺薄器(きんりんじ・うすき)
甲赤棗(こうあかなつめ)
中次棗(なかつぎなつめ)
茶碗 大樋 九代大樋長左衛門造
茶碗 うちわ よし三造
松柏園 升半茶店 曙
古府焼(こふやき)
 富山県の焼き物。1910年(明治43年)ころ、内藤心月によって始められる。心月(内藤好太郎/1858=安政5年生まれ)は愛知県常滑冬季学校の教師・陶工だった人物で、明治時代に富山県へ赴き、大伴家持ゆかりの地であるかつての国府、伏木(ふしき・高岡市)に窯を開いた。伏木は瓦作りの歴史があり、その特質を活かした「〆焼き」に代表される、素朴な味わいを大切にする。心月は同じ富山県に呉羽焼の復興にも尽力したといわれる。
筒茶碗
筒茶碗 小鹿田焼(おんたやき)
筒茶碗 古府焼 光月造
Copyright(C) 2009 Wakeian. All Rights Reserved.お問い合わせ