茶道 裏千家 
  
 いけばな嵯峨御流 
  
 和 敬 庵(わけいあん) 
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
 
竹尺八花入
 
伝金森宗和(1584〜1656)作
江戸時代・17世紀
広田松繁寄贈
*東京国立博物館の展示物

解説:
 箱蓋裏に片桐石州(1605〜73)筆とされる「尺八切細竹 宗和作」の貼紙があり、堂上の茶匠といわれた金森宗和(1584〜1656)の作として伝えられた。ゆらぐような姿はいかにも優美であり、「姫宗和」といわれた金森宗和の茶に通じるものが感じられる。(以上、東京国立博物館による解説)
(和敬庵の関連記事:利休の書状と「園城寺」)
【和敬庵検索】
〈茶道具-花入〉

茶道具
竹尺八花入
大炉 野溝釜
筒茶碗 小鹿田焼(おんたやき)
茶碗 菖蒲 よし三造
金輪寺薄器(きんりんじ・うすき)
甲赤棗(こうあかなつめ)
中次棗(なかつぎなつめ)
茶碗 大樋 九代大樋長左衛門造
茶碗 うちわ よし三造
松柏園 升半茶店 曙
花入
竹尺八花入
Copyright(C) 2009 Wakeian. All Rights Reserved.お問い合わせ